[PR]

 芸能界やメディアなどで働くフリーランスなどでつくる「日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)フリーランス連絡会」など4団体が12日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて新たにつくられる助成金に疑問の声をあげた。

 助成金は政府の緊急対応策の第2弾に盛り込まれ、企業に雇われた保護者が休校の影響で仕事を休んだ場合、1人日額上限8330円を企業に支払う内容。制度の対象にならないフリーランスには一定の条件のもとで、その約半分の日額4100円を支払うとしている。MICに加盟する出版労連の北健一書記次長は会見で「親と子どもを守るという意味なら、雇用も非雇用(フリーランス)も変わらないはずだ。なぜ半分なのか」などと話した。

 厚生労働省によると、日額4100円は、東京都の最低賃金(1013円)の4時間分相当。企業で雇われて働く人の所定労働時間が一般的に1日8時間であることや、フリーランスは働く時間や報酬がさまざまなことを踏まえたという。ただ、なぜ4時間分なのかなどの具体的な根拠は示しておらず、会見では「どこから4時間という数字が出てきたのかを説明してほしい」との声が相次いだ。

 会見に出席したのは、ほかに協同組合日本俳優連合、公益社団法人落語芸術協会、一般社団法人日本ベリーダンス連盟の関係者。(滝沢卓