[PR]

 欧州中央銀行(ECB)は12日の政策理事会で追加の金融緩和策を発表した。国債などを買い入れて市場にお金を流す量的緩和の枠を、今年末まで1200億ユーロ(約14兆円)分追加で確保した。市場が注目した政策金利の変更は見送った。

 中小企業がお金を借りやすくするため、新たに銀行が低利で資金調達できるしくみなども導入する。ECBのラガルド総裁は理事会後の会見で「家計と企業、銀行を支える」と述べた。

 ただ、経済活動が強制的に止められている今の事態に対し、金融政策は十分に効かないとの見方も市場にはある。オランダの金融大手「ING」のカーステン・ブルゼスキ氏は「現状に必要なのは、財政出動や税金の減免だ」と指摘する。

 米国の入国制限で、景気減速の不安が膨らむ欧州各国は、財政出動による景気刺激を準備し始めている。

 感染者が1万人を超えているイ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら