[PR]

 安倍晋三首相は13日午前、トランプ米大統領と約50分間、電話で協議し、新型コロナウイルスの感染拡大防止や世界経済への影響など今後の対応を話し合った。首相は2020年東京五輪・パラリンピックについて「コロナウイルスとの闘いに打ち勝って、五輪を成功させたい」と述べ、五輪開催に理解を求めた。

 同席した菅義偉官房長官や岡田直樹官房副長官の説明によると、五輪開催をめぐり、トランプ氏からは「国際社会に対して、日本の努力のあり方が透明性のある形で示されていることを評価する」との返答があり、今夏の開催に向けて引き続き緊密に連携することで一致したという。また、北朝鮮を含む地域情勢についても意見交換を行った。

 トランプ氏は12日、記者団に対し、「東京五輪は1年程度延期すべきかもしれない」と発言。だが、電話協議でこうした考えへの言及はなかったという。菅氏は電話協議後の記者会見で「政府としては予定通りの大会開催に向けて、IOC(国際オリンピック委員会)や組織委員会、東京都との間で緊密に連携をとりながら、その準備を着実に進めていく考え方に変わりはありません」と述べた。

 また、トランプ氏は「残念だが、観客なしで開催するのよりはましだ」とも発言しているが、菅氏は各国選手団の出場取りやめや無観客とすることについては、「想定していない」と話した。

 トランプ氏は会談後、ツイッターに「完成したばかりの五輪会場は素晴らしい、と伝えた。信じられない仕事をして、誇ってもいいものだ。日本と素晴らしい首相には良いことが起こるだろう。たくさんの選択肢がある!」と投稿した。