[PR]

 国内女子ゴルフツアーの今季第3戦のTポイント×ENEOS(20~22日、鹿児島高牧CC)が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、中止が決まった。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)などが13日に発表した。女子ツアーは開幕戦から3大会連続で中止。3大会連続で中止は東日本大震災が起きた2011年以来、2回目だ。

 同大会は渋野日向子が全英女子オープン制覇後の昨年8月にTポイント・ジャパンとスポンサー契約を結び、ホステス大会として臨むことになっていた。渋野は「Tポイントさんの契約プロとして初めて臨む大会で、私自身もとても楽しみにしていました。一刻も早く新型コロナウイルスの影響が収束することを、心より願っています」とコメントした。

 大会側は「開催について慎重な検討を重ねてきたが、安心・安全確保を第一とする考えから、やむなく開催を中止することにした」という。

 また、米女子プロゴルフ協会は12日、新型コロナウイルス感染拡大のため、今季メジャー初戦のANAインスピレーション(4月2~5日、カリフォルニア州)などツアー3大会を延期すると発表した。ANAインスピレーションには、畑岡奈紗と渋野が出場予定だった。

     ◇

 米男子ゴルフツアーは12日、松山英樹が暫定首位に立っていたプレーヤーズ選手権(フロリダ州)を中止にすると発表した。