[PR]

 バドミントンの全英オープンは13日、各種目の準々決勝がバーミンガムであり、女子ダブルスで世界選手権2連覇の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)が中国ペアに1―2で敗れ、4強入りを逃した。

 12日にあった2回戦では、女子シングルスで世界ランキング3位の山口茜(再春館製薬所)と4位の奥原希望(太陽ホールディングス)がそれぞれストレートで勝ち、東京五輪の代表入りを確実にした。五輪に出場すれば、ともにリオデジャネイロ五輪に続き、2大会連続。

ともに10代で代表入り

 ともに10代で日本代表入りし、女子シングルスを引っ張ってきた2人にとって、五輪出場は通過点でしかない。ただ、その向き合い方は対照的だ。

 東京五輪での金メダルを公言し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら