宮内庁は13日、上皇ご夫妻が、現在の住まいである皇居・吹上仙洞御所から、仮住まい先となる東京都港区の仙洞仮御所に31日に転居すると発表した。引っ越し作業に伴い、ご夫妻は19日~31日、葉山御用邸(神奈川県葉山町)と御料牧場(栃木県高根沢町)に滞在する。

 上皇ご夫妻の転居後、吹上仙洞御所は改修され、完成後、天皇ご一家が移り住む。ご一家の住まいだった赤坂御用地内の赤坂御所も改修された後、上皇ご夫妻が再び転居する。宮内庁は、ご夫妻が仮御所に滞在する期間は、長くて1年半を予定している。

 上皇ご夫妻が転居する仙洞仮御所は、鉄筋コンクリート造りの平屋建て一部地下で、延べ床面積は約1600平方メートル。1973年9月に完成した昭和天皇の弟の故・高松宮さまの宮邸として使われた高輪皇族邸を改修し、内装や空調設備を新調した。

 宮内庁によると、改修などに関…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。