[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず、山梨県内の中小企業や宿泊施設は悲鳴を上げている。

新型コロナで「繁忙期」幻に

 笛吹市の山梨中央交通は従業員約15人のバス業者。長田吉晴常務は「仕事がなく、この状況が長引けば経営は苦しい」と話す。

 春休みのツアーや部活動の送迎などで、例年の年度末は「繁忙期」。しかし、今月は計18台のバスの大半を稼働できず、ドライバーには休んでもらっている。

 花見客の予約が入る4月もキャ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース