[PR]

 東大寺二月堂の修二会(しゅにえ)が「お水取り」と呼ばれるのは、なぜか。修二会の始まりに、こんな伝承がある。

 津々浦々の神々が二月堂に招かれた。だが、いまの福井県にあたる若狭の遠敷明神(おにゅうみょうじん)が遅刻した。釣りをしていたからだ。遠敷明神はおわびに、二月堂のほとりに水を湧かせた。

 この清らかな水をくむ儀式がお水取りだ。13日午前1時半過ぎに始まった。

 雅楽が響くなか、筒状の松明(たいまつ)を先頭にした列が二月堂わきの階段を下りた。こもりの僧の練行衆(れんぎょうしゅう)11人のうち密教や神道の作法をする咒師(しゅし)らが、二月堂の下にある建物「閼伽井屋(あかいや)」に入り、中にある井戸「若狭井」から水をくんだ。水は香水(こうずい)と呼ばれ、3回に分けて二月堂に運ばれた。香水をくむ様子は秘儀だ。(岡田匠)