[PR]

 新型コロナウイルスの感染防止を理由に一斉休校している五條市立中学校5校で13日、卒業式があった。五條、野原、西吉野の3校は今年度末で閉校、4月に統合されるため、それぞれ最後の式典となった。

 西吉野中(西吉野町江出)の式典には卒業生9人、在校生15人、保護者らが出席。感染防止に配慮し、来賓を招かなかった。

 小林良樹校長は式辞の冒頭で「例年と違って、最後に共に過ごす時間が少なくなったのが残念」と述べ、「さらなる成長、活躍を期待しています」とはなむけの言葉を贈った。卒業生代表の巽俊樹君は「仲間と共に成長した自分を信じて、それぞれの道を歩んでいきます」と答辞を述べた。

 卒業式に続き、22日に予定し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら