[PR]

 長崎県は14日、同県で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されたと発表した。壱岐市在住の30代の自営業男性で、目立った症状はないという。

 県によると、男性は2月21日に感染者と神戸市のイベントスペースで、3月4日には同じ人物と大阪市で接触。壱岐市に転入した同12日夜、自分が感染者と接触したことを知り、壱岐保健所に連絡。13日にPCR検査を行い、14日朝に陽性と確認された。

 男性は12日夜以降は1人で宿泊施設に泊まり、公共交通機関の使用を控えているという。男性に海外渡航歴はない。濃厚接触者については調査中としている。