[PR]

 創立120周年記念事業として、沿線の小中学生から募集した案をもとに決まった京急電鉄の新駅名への変更作業が14日未明、川崎市内などで行われた。終電の車内では次の始発から駅名が変わることがアナウンスされ、終電後、駅名看板や表示が次々と取り換えられた。変更作業は変更駅の前後の駅などを含め、旧駅名が表示されている22駅で行われた。

 案をもとにこの日駅名が変わったのは、大師線の「大師橋」(旧産業道路)、本線の「花月総持寺」(同花月園前)、「京急東神奈川」(同仲木戸)、「逗子・葉山」(同新逗子)の4駅。このほか、羽田空港国際線ターミナルの名称変更に伴い、「羽田空港第3ターミナル」(同羽田空港国際線ターミナル)、「羽田空港第1・第2ターミナル」(同羽田空港国内線ターミナル)の2駅も名称変更となった。(石原剛文)