【動画】着付けの不安を吹き飛ばす「三部式着物」 5分で着られて洋服のよう=佐藤慈子撮影
[PR]

 着物は着たい。でも高いし、着付けも難しそう。そんな不安を吹き飛ばす「三部式着物」が京都で生まれた。三つのパーツに分かれ、5分で着られてお手軽価格、しかも着姿は完璧。着物離れが進む中、呉服関係者も「これはいける」と注目している。

 制作・販売するのは京都市中京区の「dricco(ドリッコ)きもの」。上半身、巻きスカート、面ファスナー付き腹巻きに分かれている。ハンガーに掛かった着物は、まるで洋服のようだ。

 うわさを聞きつけて店に来た女性たちは、社長の岩崎絵美さん(42)に着付けてもらい、「すごーい!」「私でも着られる!」と目を輝かせる。

拡大する写真・図版岩崎絵美さん(左)に着付けてもらう宮武衣充さん。初めての試着に「全然苦しくない! これなら私にも着られそう!」とうれしそう=京都市中京区、佐藤慈子撮影

 着物に親しんだ人たちも意外と購入していく。「年を取ると思うように手が回らなくて。ここまで簡単できれいに着られたら、もう普通の着物に戻れないかも」などの声が上がる。

拡大する写真・図版岩崎裕美さん(右)と絵美さん。裕美さんは正絹の訪問着を三部式に仕立て直したものを、絵美さんはポリエステル地の小紋を着用。ハンガーにかけられた着物は洋服と同じようにクローゼットに収納できる=京都市中京区、佐藤慈子撮影

■「めっちゃ楽」試着した人の反…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら