[PR]

 「性的同意」という言葉を知っていますか? 性行為の前に互いの同意を確認できたかどうか。それによって結びつきが強まる場合もあれば、おざなりにしたために性暴力の加害者・被害者になることもあります。とはいえ、実際に確かめるには難しさも伴うようです。なぜ気持ちを言葉にしづらいのか。相手が同意したと思ってしまうのか。一緒に考えてみませんか。

拡大する写真・図版朝日新聞デジタルのフォーラムアンケート

家に行く≠同意・妊娠したかと眠れず・言葉で聞けていない

 アンケートに寄せられた声をご紹介します。

 

●相手思いやる性教育を

 学校で教わる性教育は相手を思いやるということを教えない。性的同意についても教えることが必要だと思う。言葉でしっかり確認をとってもムードなんか壊れないはずだし、それで壊れるような関係は危ういと思う。(青森県・10代女性)

 

●日本では「はい」が良い子

 なぜ性的同意というと「そんなことしなくても」とか「雰囲気が壊れる」といった意見が出るのか、理解に苦しみます。お互いの意思を伝えあうのがコミュニケーションなのでは。日本ではいまだに、子どもたちはなんでも「はい」と答えるのが良い子で、「嫌だ」と言うのはワガママだ、と言われて育ちます。もっと「自分の意思を大切にし、相手に伝える」ことを教えるべきです。そのことが性的なことに限らず、自分や相手の心身を守ることにつながるからです。(茨城県・30代女性)

 

●空気壊さぬ方法は

 男性として、女性を傷つけたくない。性行為に至るときに、空気を壊さずに確認をとる良い方法を知りたい。(海外・30代男性)

 

●好意があっても違う

 出会い系アプリで知り合った人の家に行ったとき、私はその人と話してみたかったという理由で家に行ったのに、家に行く行為=性的同意と思われていて、いきなり手を握られキスをされた。オーラルセックスもしたくなかったが、断り続けてもしつこいため、応じた。相手に好意があったから断れなかった。しかし、好意があってもセックスしたいわけではない。その気持ちがわかってもらえないのが、なによりつらかった。好きならセックスしろ、という価値観はどのようにして生まれてしまうのか。性的同意に関して、どうして男性と女性でこんなにも考え方が違うのか。気になります。

(北海道・20代女性)

 

●同意得ていなかった

 性的同意について、今までしっかり言葉で確認し、相手から同意を目に見える形で得た、という経験は実はありません。言葉にして聞く恥ずかしさや、それは相手の気持ちを読み取ることだと勝手に思っていました。しかしそれだと自分の勝手な思い込みもあるし、相手の気持ちや考えは目に見えるものではないので確実に同意できたとは言えないですね。振り返ると、自分勝手だったな、相手を傷つけてしまったな、と思うことが多々あります。仕事でも何でもそうですが、相手がしっかりイエスかノーかをありのままに言える、ノーと言っても嫌われることもない関係をまず作ることが大事だと思いました。(群馬県・30代男性)

 

●自分の体は自分のもの

 性的同意を知る前は応じなければいけない、断ることによって不機嫌になったりギクシャクしたりするのが嫌だと思っていた。その結果、妊娠の可能性を考えて眠れなかったり泣いたりしたこともあった。性的同意を知り、自分の体は自分のものだと考えるようになってからは断ってもいいと思えるようになった。パートナーとも対等な立場で色々な話が出来ている気がして知れてよかったと思う。(青森県・20代女性)

 

●やぼだと思っていた

 聞くのはやぼだと思っていたので、必ずしも同意したわけではないこともあったかもしれない。お互いにとって良くない。(鹿児島県・40代男性)

 

●「強者」の理論

 上司からセクハラを受けていますが、はっきり言葉にしたら今後処遇を悪くされるのではないか、転職しても業界内で悪い噂(うわさ)を流されるのではないか、セクハラ部門に訴えてキャリアに傷をつけたらひどい報復をされるのではないかという恐怖でやんわりとしか拒否できません。上司は私の嫌がっている態度に気付いていながら、はっきり拒否できないことを確認するかのように執拗(しつよう)にセクハラしてきます。拒否しない(できない)ことを合意とみなすのはあまりにも乱暴で、立場の強い者に有利な理論です。両者の積極的合意をもって性的同意と判断すべきです。(和歌山県・20代女性)

 

●配偶者間でも性犯罪だ

 DV被害者の支援の現場で、多くの夫婦間性暴力の話を聞く。「拒否すると暴力を振るったり、怒鳴ったりする」「NOと言えばますますひどくなるので、じっと耐えている」「夫婦なら、いつでもどこでも(子どもがそばにいても)どんなことでもしてよいと思っている」等。夫はもちろん、妻の側もそれが性暴力でありDVだと気づいていなかったりする。DV被害者の心身の回復の難しさは、このように日常的に繰り返されるレイプが大きな要因ではないかと思う。司法の場で「妻なら断れるはずだ」と言い放つ裁判官もいる。今年の刑法改正にあたり、同意のない性行為は、配偶者間であっても性犯罪であると明記されることを強く望んでいる。(兵庫県・70代女性)

 

●断れなかったのは同意じゃない

 私は自身の指導教員から性的暴力を受けました。事件を担当して下さった女性警察官の方は親身に対応して下さり、結果的に逮捕にまで結びつきましたが、いざ検事からの聴取が始まると一転して絶望感に襲われました。私の担当検事は男性でしたが、「加害者が言ってたけど、性行為を断らなかったんだって? それって同意じゃないの?」といった、まるでこちらに非を認めさせるような問いばかりを投げられました。そして結果は嫌疑不十分で不起訴。検事に理由を問うと「加害者は同意だと思っていたらしいので」とのことでした。男性が同意だと思えば襲ってもいい。こんな馬鹿げたことがまかり通る日本が変わりますように。心からの願いです。

(茨城県・20代女性)

 

●漫画で形づくられた認識

 授業で性的同意について学んだことがなかった。私は女性で、性行為までの流れについては中学生ごろに少女漫画から学んだが、当時性行為が出てくる作品は従順な女性が理想とされる場合が多かった。行為中は恥じらうべきで、「いや」と言うと男性に喜んでもらえる、と認識してしまった。本当に嫌な場面に直面したとき、「いや」「やめて」と言っても恥じらいと受け取られ、なんと伝えればよいか分からなかった。(北海道・20代女性)

 

●絶えず変遷するものだからこそ

 婚姻したオタクです。付き合いはじめて早々に、お互いの抱える性的なファンタジーについて話し合い、理解を深めました。性交渉の際にはあらかじめ意思疎通を行うことや、生理周期を伝えて日程調整をしたり、お互いの身体を触る時はいつでも拒んでもよいことなどを今現在でも実行しています。性的な同意とは同じ間柄であってもその場その場で変遷するものであり、だからこそ1回こっきりではなく絶えず確認し実行し続けていくものだと考えます。相手を知り、相手の感情表現を理解し、自分の気持ちに敏感になり、適切に自己表現をする。お互いを理解しようとし続けることが他者と自分を尊重するために重要だと考えます。

(埼玉県・20代女性)

そこで一言 確認を

 女性側が明確に同意していないのに、男性は同意を得たと思い込んでしまう――。アンケートで多かった指摘です。なぜそうなるのか。恋愛相談を受けるユニット「桃山商事」代表で、文筆業の清田隆之さん(39)に聞きました。

    ◇

 20代の頃、苦い経験があります。ナンパした女性と飲んで、互いに酔っていい雰囲気に。「できるかな」と思った。「送るから帰ろう」とタクシーに乗り、家に上がった。迫ると、「付き合ってないから」とかわされたものの、収まりがつかなくて「いいじゃん」と粘り、行為になだれ込んだ。欲望の赴くままに振る舞ってしまったと反省しています。

 一方で、長年片思いをしていた…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら