[PR]

 JR常磐線が14日に9年ぶりに全線で運転を再開したのに合わせて、仙台と東京の上野・品川間を直通で結ぶ特急「ひたち」の運転が始まった。この日午前に仙台駅からの上りの最初の列車が出発し、大勢の鉄道ファンが集まって祝福した。

 宮城と東京を結ぶ常磐線は、東京電力福島第一原発事故の影響で福島県の一部で不通となっていたが、「帰還困難区域」の一部の避難指示が解除され、全線で再開した。ひたちは、仙台と上野・品川間を1日3往復する。

 仙台駅のホームには、午前10時13分のひたちの出発を前に、大勢の乗客やファンが集まり、車両をカメラで撮っていた。駅員らは「いってらっしゃい『ひたち号』」と書かれた横断幕を掲げて祝った。

 仙台市青葉区の小学1年生、岩…

無料会員登録で 有料記事有料記事、 有料会員限定記事有料会員限定記事 をお読みいただけます ※一部記事を除く

無料会員でも 有料記事有料記事、 有料会員限定記事有料会員限定記事 をお読みいただけます。 ※一部記事を除く