終了通告に「総理、これ会見と呼べますか」 会場騒然と

有料記事新型コロナウイルス

安倍龍太郎、東岡徹 相原亮
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で、国民生活への影響が広がる中で開かれた3月14日の安倍晋三首相の記者会見。首相は卒業生や高校球児らに語りかけ、私権制限を含む緊急事態宣言には慎重な姿勢をみせるなど、国民の不満や懸念の払拭(ふっしょく)を意識したものとなった。ただ、今回の会見も記者が挙手を続ける中で打ち切ろうとした。

 記者会見途中でNHKがテレビ中継を打ち切った数分後、長谷川栄一・内閣広報官は会見を終えようとした。「まだあります」「総理、これ会見と呼べますか」。会見場では複数の記者が声を上げ、続行を求めて騒然となった。安倍晋三首相の会見が始まって約44分。内閣記者会の幹事社2社を含め8人が質問していた。

 記者たちの求めを受けて長谷…

この記事は有料記事です。残り1900文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]