[PR]

 国の特別名勝、栗林公園(高松市)で20日から売り出される花見弁当が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で大幅に値引きされる。今月27日から4月5日まで予定されていた桜のライトアップが中止され、来園者の落ち込みが見込まれるものの、すでに食材を手配していたためだ。

 園内のカフェ「ガーデンカフェ栗林」を運営するフェアリー・テイル(高松市)は、オリーブ牛のステーキなどが入る花見弁当を300食限定で用意する準備を進めてきた。遠のきがちな客足を伸ばそうと、予定価格の3千円から2500円(ともに税別)に値引きすることにした。担当者は「職場や家庭で弁当だけでも花見気分を味わってもらえたら」と勧める。

 販売は4月12日まで。「ガーデンカフェ栗林」で受け取れるほか、店でも食べられるが、前日正午までに予約が必要。予約、問い合わせはカフェ(087・813・0870)へ。メール(info@ritsurincafe.com)でも受け付ける。(木下広大)