[PR]

 大阪府は15日、府庁舎管理課の60代の男性職員が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。職員は空調設備の保守・管理を担当。来庁者や他の部署の職員とは接していないという。

 府によると、職員は兵庫県三田市在住で、14日に兵庫県が県内の感染者として発表した。2日から発熱やせきなどの症状があったが、11日まで出勤。12日に38度の発熱と呼吸困難の症状が出てからは仕事を休み、14日に感染が判明した。感染との関係は不明だが、2月20日から29日まで私的な旅行でフィリピンに渡航していたという。

 府は感染した職員と同じ府庁大手前庁舎(大阪市中央区)の執務室で働く4人について、濃厚接触の可能性があることから、2週間をめどとする自宅待機を指示した。発熱などの症状を訴えている人はいないという。記者会見した府の太田浩二総務部長は「府民、来庁者に大変なご不安を与えることになり、おわびを申し上げる」と陳謝した。