[PR]

 和歌山県は15日、和歌山市内に住む10代女性が新型コロナウイルスに感染したことが分かったと発表した。女性は、12日に感染が確認された大阪府在住の20代女性の濃厚接触者。15日に医療機関に入院したが、病状は安定しているという。県内で感染が確認されたのは計15人になった。

 県や和歌山市によると、大阪府在住の20代女性は和歌山市内の自動車販売店で勤務。7日と8日に10代女性の自宅を訪れていた。10代女性は5人家族だが、両日とも1人で1時間ほど応対したという。10代女性は13日に37・2度の発熱や倦怠(けんたい)感を発症。14日に和歌山市保健所から要請を受け、検体を採取しウイルス検査をした結果、陽性が確認された。発症後は自宅で療養していたという。

 10代女性の家族については、すでに全員の陰性が確認されている。また、通学している学校も休校中のため、友人らにうつしている可能性も低いという。仁坂吉伸知事は「陽性の人と接触していたことが分かった場合は、相談窓口まで相談してもらえれば」と呼びかけた。(藤野隆晃)