[PR]

 厚生労働省は15日、イタリアに滞在歴のある20代と10代の男性2人が、羽田空港の検疫所で新型コロナウイルスの検査を受けたところ陽性だったと発表した。2人は東京都内の感染症指定医療機関に搬送された。検疫所の医師の診察では症状は認められていないという。

 厚労省によると、20代男性は東京都居住。3月2~6日にイタリアのベネト州とエミリア・ロマーニャ州に滞在し、その後、フランスのパリで過ごして13日に帰国した。10代男性は約半年間、イタリアに滞在し、14日に帰国した。