[PR]

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた対応をめぐり、安倍晋三首相は15日、英国のジョンソン首相と電話で約40分間協議した。両首脳は緊密に連携していくことで一致。ジョンソン氏は事態が収まった後、早期に訪日する意向を示した。

 日本政府の説明によると、電話協議は英側の求めで行われた。日本政府の取り組みについて質問を受けた安倍首相が、医療態勢などの説明を行った。世界経済の下ぶれリスクについても意見を交わしたという。16日には、主要7カ国(G7)の首脳がテレビ会議を通じて協議を行う。安倍首相は「G7でしっかり対応する姿を示していくことが重要だ」と述べた。

 ジョンソン氏は、英国籍の大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号への日本政府の対応に、謝意を示したという。

 両首脳は、今夏の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けた連携でも一致。ジョンソン氏は「東京五輪の成功を祈っている」と語ったという。