拡大する写真・図版ドイツとポーランドの国境で15日、車の通行を止めるポーランドの警官=AP

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ドイツ政府は16日午前8時(日本時間午後4時)から、フランス、オーストリア、スイス、デンマーク、ルクセンブルク各国との国境管理を始め、明確な理由がなければ出入国を禁じる。これまで「国境封鎖」には慎重なドイツだったが、欧州各国が次々と外国人の入国禁止措置に踏み切るなかで方針転換を迫られた形だ。

 ゼーホーファー内相は15日夜の記者会見で「ウイルスの拡大はピークに達していないと見込まれる。感染の連鎖を断ち切ることが重要だ」と語った。国境を越えて通勤する人や物品の輸送は対象外。国外に出ていたドイツの居住者の再入国はできる。一定期間の後、見直しを検討するという。

 欧州連合(EU)域内は自由な人の移動が原則だ。だが、感染拡大を受け、ドイツと国境を接するチェコ、デンマーク、ポーランドは外国人の入国禁止措置などをとっていた。

 15日時点でドイツの感染者は4838人、死者は12人。多くの地域で学校や保育所が休みになっているほか、ベルリンでは50人以上の集会が禁じられ、劇場や映画館、博物館、バー、スポーツ施設などの営業もできない。(ベルリン=野島淳)