[PR]

 仕事を休まざるを得なくなったフリーランスの人に対し、政府が1日あたり一律4100円を給付するとした理由について、立憲民主党の蓮舫氏は16日の参院予算委員会で「なぜ正規・非正規の雇用者の8330円の半額なのか。合理性はあるのか」とただした。

 加藤勝信厚生労働相は「普通は午前9時から午後5時と労働時間は決まっているが、フリーの人は決まっていない。子どもをケアした後、仕事をすることもできなくはない。(休業実態を)1件1件把握しなければならなくなる」として、対応の難しさを強調した。

 その上で「(雇用保険に加入する)週20時間でいえば、週5日、1日4時間だ」として、1日4100円の補償額の根拠を説明した。加藤氏は「合理性があるかと言われると、制度は仕組めない」と述べた。