[PR]

 結婚相手との性行為なら、同意をとらなくてもいい? そんなはずはありません。強要されて傷ついたり、「女性から言うのははしたない」ともんもんとしたり……。一つ屋根の下で、苦しみ悩んできた人たちの声を紹介します。

私は「便器」だった……

 〈夫から性行為を強いられ続けた女性(41)は、2人の子どもと家を逃げ出しました〉

 10年ほど一緒に暮らした夫はほぼ毎日、私の意思に関係なく口淫などの行為を求めてきました。付き合い始めの頃から「1日3回は口でしてね」と言われていました。前の結婚相手とはセックスレスだったこともあり、最初は「こんな私でも求められるんだ」とうれしかった。

 ただ、子どもが産まれた頃から、だんだん応えるのがつらくなった。子どもと一緒に先に寝ていると「何考えてんだ」と起こされ、断ったら激怒される。「自分の性欲はうんちやおしっこと一緒だから、我慢させないのが妻の役目」とも言われました。私は「便器」でした。

 しつけと称して子どもを殴ることも。一方、性行為の後はスッキリするのか上機嫌で、朝ご飯をつくったり子どもの面倒をみたりしてくれる。「私が15分間我慢すれば家庭の形を崩さないで済む」と心を「無」にして、行為中は自分の匂いのする服を顔にかけて現実逃避していました。

 風俗もマスターベーションも嫌だそうで、自慰グッズを勧めたらブチ切れられた。「私が望んでないのにやってて気持ちいいの?」と聞くと「関係ない」と。私が仕事で疲れて帰った日など、ぐったりした様子に逆に興奮したみたい。今思えば、征服欲だったんですね。

後半では、同性パートナーから体を傷つけられた体験や、夫に「触ってほしい」と要望を伝えた方のエピソードを紹介します。

 つらくても「私が妻、母として…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら