拡大する写真・図版緊急利下げ後に記者会見する米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長=2020年3月3日、ワシントン、ロイター

[PR]

 米連邦準備制度理事会(FRB)は15日、臨時の連邦公開市場委員会(FOMC)で追加緊急利下げを決めた。リーマン・ショック後の2008年12月~15年12月以来の「ゼロ金利」に至る大幅利下げに加え、大規模な「量的緩和」も再開。新型コロナウイルスの危機が金融不安に波及するのを防ぐねらい。トランプ米大統領が好況時に金融緩和圧力を強め、米株価は上昇を続けてきたが、先の見えない危機を前に、金融政策は手立てを失いつつある。

 「今後の影響は感染がどれだけ広がるかに依存し、どれだけ続くのかはわからない」。追加緊急利下げ直後の電話会見で、FRBのパウエル議長は率直にそう述べた。市場では、17~18日に予定されていた定例のFOMCでの大幅利下げが見込まれていたが、FRBは、日本などの金融市場で週明けの取引が始まる前の米国時間15日に前倒しで、異例の決定に踏み切った。

 「年1・00~1・25%」だった政策金利の誘導目標を1・00%幅下げ、「0%~0・25%」にする。3日にも異例の緊急利下げに踏み切り、通例の2倍の規模の0・50%幅下げたばかりだった。また、16日から数カ月間、米国債を少なくとも5千億ドル(約53兆円)、住宅ローン担保証券(MBS)を2千億ドルを買い入れ、こうした「量的緩和」で現在4兆ドル超規模のFRBの資産を大きく増やし、巨額の資金を市場に流す。

 決定の背後にあるのは、感染拡…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら