やまゆり園長「多くの人が望んだ判決」 言葉詰まらせ

有料会員記事やまゆり園事件

林瞬
[PR]

 相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人の罪などに問われた植松聖(さとし)被告(30)に対する裁判員裁判の判決が16日午後、横浜地裁であり、死刑が言い渡された。園の入倉かおる園長は判決後に会見し、「多くの人が望んだ判決。当然のこととして受け止めている」と話した。

 入倉園長は判決までの年月を振り返り、「裁判の中で当日の話が出るたび、本当につらく切なかった。事件からずっと支えてくれた職員には感謝したい」と言葉を詰まらせた。植松被告について「働いていた時は、やんちゃだったが異質な人ではなかった。裁判では遠く、かけ離れたように感じた」と振り返った。

 植松被告が裁判の中で「施設…

この記事は有料会員記事です。残り330文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

やまゆり園裁判の最新情報

やまゆり園裁判の最新情報

重い障害のある入所者19人の命が奪われたやまゆり園事件。元職員植松聖被告の裁判員裁判の様子などを詳報する。[記事一覧へ]