[PR]

 大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号で新型コロナウイルス対応の陣頭指揮にあたった橋本岳厚生労働副大臣と自見英子政務官が16日、下船後の健康観察期間を終えて初めて記者団の取材に応じた。議論を呼んだ船内での感染予防について、橋本副大臣は「(対応の)本部機能を船の中に置くこと自体がリスクだった」とした上で、「船の中で検疫を行わなければならない中で最善を尽くした」と語った。

 クルーズ船を巡っては、船内に入った感染症が専門の岩田健太郎・神戸大教授が、ウイルスがない区域とそうでない区域の区分けが不十分などと指摘していた。橋本副大臣は「専門家に見て頂きゾーニング(区分け)は行っていた」と説明。「(感染の可能性がある)レッドゾーンの中で、いかにリスクの低い場所をつくるかが私たちに与えられた状況だった」とした。

 同様にクルーズ船への対応を迫られた米国側には、乗客を下船させて初めて乗員の検疫ができるとして「場所が確保できるなら、まず下ろして」と経験を伝えていたという。「日本でもそれが出来れば良かったと思うが、施設の確保ができなかった。ああいう方法をとらざるを得なかった」と述べた。(浜田知宏)