[PR]

 安倍晋三首相が14日の記者会見で「卒業式も安全面での工夫を行った上でぜひ、実施して頂きたい」と呼びかけたことをめぐり、16日の参院予算委員会で野党議員から「もう終わっている」「なんで今ごろ」との批判が相次いだ。

 中学教諭出身の立憲民主党の水岡俊一氏は「『はぁ?』だと思う。卒業式が幻となった子どもたちが首相の言葉を聞いたら、『遅いよ』と思っているのではないか」と指摘した。

 これに対し、首相は2月29日の会見でも「実施して頂きたい」と触れていたことを挙げたうえで、「いきなり言ったわけではない」と反論した。

 ただ、会見の言葉遣いを2月と比べると、今月14日は「ぜひ」などより強い表現を使っている。