拡大する写真・図版金属加工技術の説明を受ける坂口渚沙さん(右)=札幌市東区のMONOテク札幌

[PR]

 「ちょっと緊張しますね」

 作業服姿で、真剣なまなざしで見つめるのは、アイドルグループAKB48のメンバーの坂口渚沙さん(19)だ。北海道出身で、グループの「北海道代表」という肩書も持つ。

 利き手の左手でガストーチを握り、銅管のハンダ付けに挑戦した。まず、銅管を熱して素早くハンダを乗せ、別の銅管と組み合わせて再び加熱することで銅管同士をくっつける。

 「上手ですね。センスを感じます」

拡大する写真・図版銅管のハンダ付けに挑戦した坂口渚沙さん(左)=札幌市東区のMONOテク札幌

 指導員から声を掛けられると、緊張した表情を少し緩めた。

 ここは北海道立札幌高等技術専門学院(MONOテク札幌、札幌市東区)。現役アイドルが作業服を着てガストーチを操る、一風変わった風景が報道陣に公開されたのには、ある理由があった。

 3時間前、坂口さんは北海道庁…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら