[PR]

 新型コロナウイルスの影響で休校中の真岡市立の小中学校23校で16日、2週間ぶりの登校日があった。24日も休校になったため、修了式もあわせて実施した。

 真岡東中には1、2年生が学年ごとに集合した。体育館に約110人の2年生が集まり、平野秀雄校長が代表の1人に修了証を手渡した。平野校長は「最上級生として自信を持って進んでほしい。期待しています」と話した。

 体育館の壁には卒業生のメッセージが貼られた。サッカー部の先輩の文章を読んだ2年の塩沢維丸(いまる)さんは「新型コロナの影響で辛い思いをしたことが伝わってきた」。2年の久保田虎千代さんは「卒業生が式で歌った合唱を聴きたかった」と話した。

 平野校長は「校長室だより」を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら