[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響は、「子ども食堂」にも広がっている。使っている施設自体が閉鎖されるなどして、休止を余儀なくされるところも多いが、子どもたちに食事を届けようと、普段より回数を増やしたり、弁当の配達や持ち帰りなどの工夫をこらしたりする食堂もある。

 16日正午ごろ、大洗町磯浜町の子ども食堂「寺子屋食堂」は約15人の小中学生でにぎわっていた。この日のお昼のメニューは、ナポリタンスパゲティとイチゴ入りヨーグルト。イチゴは近くの農園から提供されたものだ。

 ほぼ毎日利用しているという小学5年の男児(11)は両親が共働きで、お小遣いで買ったカップラーメンで食事を済ませる日もあるという。「コンビニの食事と比べて、ごはんが温かくておいしい。家にいても暇だけど、ここにくれば友達もいて楽しい」と笑顔を見せた。食事の後は友達と話したり、ゲームをしたりして遊んだ。

 同食堂では、普段は土曜の夜に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら