[PR]

 「ルイ・ヴィトン」などの高級ブランドで知られる仏モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)が16日、手の消毒用ジェルの本格生産を始めた。新型コロナウイルスの感染予防に貢献する狙い。「クリスチャン・ディオール」や「ジバンシー」などの香水工場でつくり、医療機関などに無料で配るという。

 LVMHが15日に出した声明によると、ベルナール・アルノー会長が消毒用ジェルの生産を指示。「フランスで(ジェルが)品薄になるリスクに対処し、多くの人がウイルス感染から身を守るために正しい行動をとれるようにしたい」としている。

 感染拡大が止まらない欧州は、世界保健機関(WHO)から世界の流行の「中心地」と位置づけられている。(ロンドン=和気真也)