[PR]

 週明け16日の米ニューヨーク株式市場で、主要企業でつくるダウ工業株平均が約3000ドル安と史上最大の急落となった。新型コロナウイルスの感染拡大によって「トランプ相場」は振り出しに。米経済はこれから本格的な景気後退局面に突入していくのか。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が打ち出した日曜夕の「サプライズ緩和」も市場の恐怖をなだめることはできなかった。

 ダウ平均の終値は前週末比2997・10ドル(12・9%)安い2万0188・52ドル。下落幅はこれまで最大だった12日(2352ドル)を抜いて過去最大だった。下落率でも1987年の「ブラックマンデー」(22%)以来となる歴史的暴落。パニック的な株価急落を防ぐため取引をいったん停止する「サーキットブレーカー」も今月3度目の発動となった。

 ダウ平均は2月12日に2万9…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら