拡大する写真・図版退団会見で記者の質問に答える宝塚歌劇団の月組トップスター珠城りょう=2020年3月17日、大阪市北区、筋野健太撮影

[PR]

 来年2月14日で宝塚歌劇団を退団する月組トップスター珠城(たまき)りょうが17日、大阪市内のホテルで退団会見に臨んだ。「『トップスターは孤独』とよく言いますが、月組のみなさんは一緒に闘おうとしてくれて、そういう意味で私は孤独を感じたことはなかった。組のみんなにありがとう、と伝えたい」とハンカチで涙をぬぐった。

 退団を決意したのは、1年前、「夢現無双(むげんむそう)」のときだったという。「今まで自分が耐えて背負ってきたものを、そろそろここまでと決めて、少しずつ下ろしていっていいのかなと思えるようになりました」

拡大する写真・図版月組トップスター珠城りょう=2020年3月17日、大阪市北区、筋野健太撮影

 同時に、次の代に引き継いでいきたいとの思いも芽生えた。「早く退団を発表することで、組を担っていく子たちが、自分たちが月組を背負っていかないといけないんだ、という気持ちを持って次のステップに踏み出していってくれたらいいなという思いを込めて決断しました」と語った。

 組の仲間には会見前日の16日に退団を伝えた。思いがこみあげ、自分が先に泣いてしまったという。周りは突然のことに驚き、静かに涙を流した。

拡大する写真・図版月組トップスター珠城りょう=2020年3月17日、大阪市北区、筋野健太撮影

 仲間には「何かをつかみたいと思ったら、120%の努力と100%の強い意志と60%くらいの勇気があれば、きっと近づいてくる」とエールを送ったという。「自分はここまでと決めないで、強い意志を持ってくれたら、きっと大きな花が咲くんじゃないかなと思います」と話した。

 2008年に「ME AND …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら