拡大する写真・図版大学時代の柳田将洋=家族提供

[PR]

 バレーボール日本代表主将の柳田将洋(27)の父、洋治さん(57)は身長188センチの大型アタッカーだった。妻子と離れて暮らすようになっても、柳田が小学1年で入った「小岩クラブ」の練習に足を運んだ。

 「こうすれば良くなる」と言って、経験をもとにスパイクを教えた。大きく両腕を引いて跳び上がり、左手を高く掲げ、右腕を大きく振り抜く。「大きく、大きく」と繰り返した。

 チームでは小さく速く打つように教わっていた。「注意されてもいい。大きなフォームで打つんだよ」と説いた。全身をムチのようにしならせる美しいフォームの基礎ができた。

大学は、低迷していた慶応大へ進んだ柳田選手。その理由は何だったんでしょうか。また、紙面で紹介しきれなかった写真のほか、父の洋治さんの言葉をお見せします。

拡大する写真・図版慶大時代の柳田将洋(右)=2012年、家族提供

 進路を決める時には、相談に乗…

この記事は有料会員記事です。残り2307文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2307文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2307文字有料会員になると続きをお読みいただけます。