[PR]

 17日にあった指定暴力団工藤会トップの総裁野村悟(73)とナンバー2の会長田上不美夫(63)の両被告の第35回公判で、検察側証人として出廷した組幹部が、偽証しないことを約束する「宣誓」を拒否した。足立勉裁判長は、その場で過料10万円の決定を言い渡した。

 組幹部は田口義高被告(54)。2012年の元福岡県警警部銃撃事件などの指示役として組織犯罪処罰法違反罪などで起訴され、自身の公判でも審理が続いている。

 刑事訴訟法は特別の場合を除き、証人に宣誓を求めている。宣誓では証言する前に「良心に従って真実を述べ、何事も隠さず、偽りを述べないことを誓います」と述べる。

 だが、田口被告は宣誓を「しません」と拒んだ。足立裁判長に「(証言を自身の)裁判で証拠として使わないとしても証言しないか」と尋ねられたが、再び拒否。足立裁判長はその直後、同法に基づき「正当な理由なく証言を拒んだ。過料10万円に処する」と告げた。

 公判後、野村被告の弁護人は証人の宣誓拒否について「珍しいこと」と述べた。田口被告は自身の公判の被告人質問で、弁護側からの質問には答える一方、検察側と裁判官からの質問に黙秘し続けたこともあった。

 この日の公判で、元福岡県警警部銃撃事件の証人尋問が終了。次回から13年の看護師刺傷事件の証人尋問に移る。