フィギュアスケート、アイスダンスの元選手で15日に急逝したクリス・リードさんは、11日、自身のブログを更新していた。題名は「日本へ」。姉のキャシーさんと一緒に日本のアイスダンス強化に取り組むことを示唆する内容で、新型コロナウイルス感染症の影響で日本への訪問が遅れる、と記していた。

 ブログの全文は次の通り。

みなさん

おひさしぶりです

1がつのおわりに

ミシガンにもどってから

日本にいくじゅんびをして

せんしゅう

ぼくのあぱーとのものと

たくさんの

たのしい

エクササイズのもの

日本におくったです!

これから

キャシーといっしょに

日本の

アイスダンスを

ニューエイジにする

あたらしい

むずかしい

ジャーニーのはじまりです

たのしみだよ!

でも

この

コロナウィルスで

日本にいくのが

おくれます

はやく

コロナウィルスがなくなってほしいな……

みんな

きをつけてね

クリスより