拡大する写真・図版ゲームに熱中する子ども

[PR]

皆さんの身近な困りごとや疑問をSNSで募集中。「#N4U」取材班が深掘りします。

 子どものゲーム利用を「1日60分」などと定める全国初の条例案が、18日に香川県議会で可決される見通しだ。ゲーム依存症になるのを防ぐ狙いだが、「医学的根拠が不十分」といった批判もある。4月にも施行される可能性が高まる中、条例に疑問を持つという京都大大学院医学研究科の中山健夫教授(健康情報学)に聞いた。

N4U班が深掘り取材、お友達登録はこちら
ゲームにまつわる体験談や条例についてのご意見をお寄せ下さい。LINE公式アカウント(@asahi_shimbun)で取材班とやりとりできます。

     ◇

「条例という色々な人に影響を与えるアクションをとれるほど、強いエビデンスなのかは疑問が残る」という中山健夫教授。記事後半でその理由を詳しく語ります。

拡大する写真・図版中山健夫教授=2020年3月13日、京都市左京区の京都大大学院医学研究科、長富由希子撮影

 香川県の条例案は、昨年11月…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら