[PR]

 福井県鯖江市舟枝町の「エコファーム舟枝」で、菜の花が見頃を迎えている。約10ヘクタールの田んぼ一面に黄色いじゅうたんが広がり、春の訪れを告げている。4月中旬まで楽しめるという。

 市が特産化を進める品種で、2品種を掛け合わせた「さばえ菜花」。今年は暖冬などの影響で、例年より10日ほど早く見頃を迎えた。地元では食用として楽しむほか、4月下旬に田んぼにすき込んで肥料にし、「さばえ菜花米」を作る。理事長の瀬戸川善一さん(73)は「色鮮やかに、むら無く咲いたので100点の出来。きれいな菜の花で癒やされて欲しい」と太鼓判を押した。

 福井地方気象台によると、福井市では今後2週間、最高気温が15度を超す日が多くなるという。(大西明梨)