[PR]

 安倍晋三首相が東京五輪・パラリンピックについて「完全な形で実現する」と発言したことについて、菅義偉官房長官や橋本聖子五輪相は17日の会見で、予定通りの日程、規模で開催する考えを強調した。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大が終息する見通しは立っておらず、首相の発言は延期に含みを持たせたものとの見方も出ている。

 首相は16日にあった主要7カ国(G7)の首脳テレビ会議終了後、記者団に対し、「人類が新型コロナウイルスに打ち勝つ証しとして、東京オリンピック・パラリンピックを完全な形で実現するということについて、G7の支持を得た」と述べた。菅官房長官は17日の会見で「予定通りの大会開催に向けて準備を進めたい」と強調。萩生田光一文部科学相は17日の記者会見で、「無観客みたいなことはやらないということだ」と述べた。

 ただ、政権幹部は首相の発言の意図について「いろんな意味がある。条件が整わないといけないというのもある」と説明。完全な形で開催できないのであれば、延期などもあり得るという含みを持たせた発言との見方を示した。政府高官は「他の国がどうなっているかはわからないが、開催できる準備はきちんとやる」と述べた。

 一方、東京都の小池百合子知事…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら