[PR]

 南海トラフ巨大地震への備えが急がれる中、発生時に被害をすぐに把握できたり、対策のため過去の被害を参照できたりする、オンライン地図を活用した「目から伝える」取り組みを県下の研究者が進めている。(高橋豪)

 震災発生時に被害状況をリアルタイムに伝えるアプリの開発に、徳島大大学院の中田成智(なるとし)准教授(44)=地震工学、防災=が取り組んでいる。「次世代災害情報システム」と名付け、今秋をめどに原型の完成をめざす。

 中田准教授は大阪出身。阪神・淡路大震災に遭い、地震工学の道へ進んだ。京都大・院を経て、米国で研究を続けたが、東日本や熊本の震災を見て「地域に根ざした防災に役立ちたい」と2017年に帰国した。

 災害の初期、自治体は通報や現…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら