[PR]

 タイ南部ヤラー県で17日、爆発が2件立て続けに起きた。県によると、警察官や報道陣ら少なくとも25人が負傷した。

 地元警察によると、同日午前10時半ごろ、大通りに面した行政機関の前で爆発があり、警察官や記者が近づいたところ、そばにあった車も爆発。いずれも小型の爆発物が仕掛けられていたとみられる。

 防犯カメラには、犯人が車を乗り捨てて不審な荷物を道ばたに置いた後、仲間のオートバイで逃げる様子が映っていた。

 タイ南部では、分離独立を目指すイスラム教系の武装グループによるテロが相次いでいる。(バンコク=乗京真知)