佐川氏の人事は「適材適所」 改ざん職員遺書報道で菅氏

三輪さち子
[PR]

 学校法人森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん問題で、18日発売の週刊文春が、改ざんを苦に自殺した元近畿財務局の男性職員の遺書を報じたことを受け、菅義偉官房長官は同日午前の衆院内閣委員会で、「遺族のみなさんの気持ちを思うと言葉もなく、静かに謹んでお悔やみを申し上げたい」と述べた。

 改ざんを主導したとされる当時の佐川宣寿・財務省理財局長を国税庁長官に据えるなどした人事については「関与した職員には厳正な処分が行われた。その後の人事は、任命権者である財務大臣において適材適所の人事が行われた」と強調した。

 野党統一会派今井雅人氏(無所属)への答弁。

 一方、同日午前の参院財政金融委員会では、麻生太郎財務相が出席。佐川氏らの人事について「かなりの処分をした。その後、それぞれの能力や経験に照らしてポストの配置をしたということに尽きる」と述べ、問題はなかったとの認識を示した。

 また、麻生氏は「ご遺族のもとをうかがえれば、という気持ちは変わっていない」と述べ、了解が得られれば、遺族を直接訪ねる考えを示した。立憲民主党の那谷屋正義氏への答弁。(三輪さち子)