[PR]

 新型コロナウイルスの感染防止のための臨時休校を受け、仕事を休んだ保護者に賃金を全額支払った企業などを対象にした新たな助成金について、厚生労働省は18日から申請の受け付けを始めたと発表した。必要な書類を都道府県ごとに決められた申請先へ郵送する。フリーランスに対しては、発注元から指示された業務の内容や場所、報酬額などが確認できる契約書や電子メールなどを書面で提出するよう求めている。

 助成金は企業に雇われた保護者が休校の影響で仕事を休んだ場合、1人日額上限8330円を企業に支払うしくみだ。フリーランスには一定の条件のもとで、その約半分の日額4100円を一律に支払う。学校などの休日や春休みをのぞき、2月27日から3月31日の間で仕事を休んだ日が対象だ。

 申請は6月30日まで。申請書は厚労省のホームページからダウンロードし、申請先に郵送する。問い合わせは特設の電話相談窓口(0120・60・3999)まで。