[PR]

 子どもがゲームやインターネットの依存症になるのを防ぐためとして、ゲームの利用時間を1日60分などと定めた全国初の条例が18日、香川県議会で賛成多数で可決、成立した。4月1日に施行される。

 「県ネット・ゲーム依存症対策条例」は県議会の検討委員会でまとめられ、議員提案された。ネットやゲームの過度な利用は、学力や体力、視力の低下、ひきこもりなどを招くと問題視している。

 その上で、18歳未満のゲーム利用を1日60分(休日は90分)とし、スマートフォンとゲームは中学生以下は午後9時まで、それ以外は午後10時までにやめるのを目安に、家庭でルールをつくって守るよう義務づけた。罰則はない。

 18日の本会議では、提案議員が「使用時間は目安で、規制するものではない」と強調。反対討論では、2人が「家庭への介入だ」「十分な議論ができていない」と主張した。退席した8人を除く起立採決の結果、22対10で可決した。(尾崎希海)

■本当に効果ある?疑問…

この記事は有料会員記事です。残り830文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り830文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り830文字有料会員になると続きをお読みいただけます。