[PR]

 新型コロナウイルスの感染が確認された後に飲食店を訪れていた愛知県蒲郡市の50代男性が18日、入院先の医療機関で死亡した。関係者への取材でわかった。男性はウイルスに感染する前から肝臓がんを患っていたという。

 男性が訪れた店は営業自粛となっている。店側は13日、業務を妨害されたとして被害届を提出。県警が偽計業務妨害の疑いもあるとみて捜査を進めていた。

 県などによると、男性は4日に感染が判明。保健所から自宅待機を求められた後に、蒲郡市内の飲食店に立ち寄った。捜査関係者によると、店は男性が感染していることを男性の知人から聞いて知ったという。12日にはこの店で働いていた30代女性の感染が確認された。女性は男性の来店時に店内にいたが、接客はしていなかったという。

 飲食店経営者によると、営業自粛の影響で、約300万円の損失が出ているという。24日から営業を一部再開する予定だ。