【動画】沼津駅―沼津港の間で運行が始まったEVバス=岡田和彦撮影
[PR]

 伊豆箱根バス(静岡県三島市)は、沼津市の沼津駅と沼津港を結ぶ路線にEVバスを導入し、18日から運行を始めた。国と沼津市の助成を受けて導入した車両は、電動10輪、20人乗り、最高時速19キロ。約2キロの区間を1日6往復、15分ほどで結ぶ。運賃は170円から200円。

 この日朝、JR沼津駅前で運行開始セレモニーがあり、EVバスが披露された。沼津デザインセンター(大木真実代表)が担当した外装は駿河湾をイメージした濃紺の車体に「TOWN To PORT」の金色の文字とハトとカモメのキャラクターが浮き上がる。

 頼重秀一市長は「観光スポットの沼津港を訪れる多くのみなさんの新たな交通機関ができた」と歓迎した。テープカットの後、午前9時10分に沼津港行きの第1便が出発した。(岡田和彦)