[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、休校措置を取った県内の小中学校で18日、卒業式があった。時間短縮や参加人数を減らすなどの対応を取った。

 121人が卒業した静岡市駿河区の中田小学校では卒業生や教員、保護者など参加者ほぼ全員がマスクをして式に臨んだ。卒業証書授与の時間を短縮したり、校歌斉唱を1番だけにしたりして約1時間で終えた。

 在校生は参加せず、来賓もPTA会長のみ。在校生から感謝を伝える「送る言葉」は事前に録音したものをスピーカーで放送した。大石英之校長は「気持ちがこもった温かい式だった。休校でブランクがあったけど、りんとして臨んでくれた」と振り返った。

 卒業生の江河歩美さんは「卒業…

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら