写真・図版

[PR]

 新型コロナウイルス対策で広がっているテレワーク。外出を控えることで感染のリスクを減らせる一方、普段と違う姿勢での作業は体に負担になる。自宅で仕事をする際の注意点や凝った体のほぐし方を専門家に聞いた。

 「これまでと違った理由から、肩凝りや腰痛を訴える人が増えている」

 KIZUカイロプラクティック日本橋本院(東京都中央区)の木津直昭院長は、通院している人たちの変化を感じるという。

 自宅のダイニングテーブルや椅…

この記事は有料会員記事です。残り568文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り568文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り568文字有料会員になると続きをお読みいただけます。