捨てられない… 戦争中の日記や写真、迷ったら相談を

有料記事空襲1945

上田真由美
[PR]

 遺品の整理や家の片付けをしていたら、戦争を体験した祖父母の日記や手紙、日用品などが見つかった。自宅でずっととっておくのは難しいけれど、捨ててしまうには忍びない。

 そんな経験はありませんか。こうした品々を歴史資料として収集し、公開している施設があります。戦後75年がたち、代替わりなどによって失われてゆく資料を、後世に伝えるきっかけにしてみるのはいかがでしょうか。

捨てられなかった

 母の姉の家で遺品の整理をしていた愛知県の男性(61)は5年ほど前、押し入れの奥に茶色い布製のランドセルがあるのを見つけました。母の妹が使っていたもので、中には通信簿やノートが入ったままでした。

 1944(昭和19)年、風邪を引いて寝込んでいた母の妹は、空襲警報が鳴って防空壕(ごう)に入った後に容体が悪化し亡くなった、とそのとき初めて母から教えられたそうです。当時まだ、今の小学校にあたる国民学校の1年生でした。亡くなる直前まで彼女が背負っていたランドセルを、家族は中身をそのままにして保管していたのです。

 「戦争中のことを伝える大切…

この記事は有料記事です。残り1671文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

空襲1945

空襲1945

あのとき、日本中が戦場だった。東京・大阪・福岡など各地の写真300枚や映像、データマップで惨禍を伝えます。[記事一覧へ]