[PR]

 森友学園を巡る公文書改ざんが再び国会論戦の焦点に浮上している。自殺した財務省近畿財務局の職員の遺族が18日、国などに損害賠償を求めて提訴。野党は19日の国会で安倍晋三首相を追及した。

 首相は19日の参院総務委員会で、職員の手記を読んだことを明かし、「職務に精励していた方が自ら命を絶たれたことは痛ましい出来事であり、胸が痛む思いだ。ご冥福をお祈りしたい」と述べた。

 ただ、野党議員が、改ざんのきっかけは首相の国会答弁だと指摘すると「手記の中には(書かれてい)ない」と反論。再調査については、検察の捜査や財務省の調査が終わっていることをあげ、否定的な姿勢を示した。

 再調査をめぐっては、麻生太郎財務相も19日の閣議後会見で「新たな事実が判明したとは考えられませんので、再調査を行うと考えているわけではない」と強調した。

 こうした政府の対応について、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら